クライアントの背景 


ロスロボットは個人的なイギリス会社で、モジュラーロボットの専門会社である。会社は2015年に成立され、それにモジュラーロボットをサポートするプラットフォームの技術を成功的に開発した。これらの技術はロボットに合うだけではなく、器械以外の領域にも実用でき、それに30件以上の特許に保護されてる。

モジュラーロボットのぷらttpフォームはロボットのデザインと開発にある挑戦的な環境に複雑な任務を実行する時合う可能性がある沢山の問題を解決した。慣例により、一つの製品が更新されるごとに概念から開発できる製品まで発展してきて、モジュラーの利用は組み合わせ直せる通用のモデルである。モジュラーシステムの工程リンクにより、検証済みのシステム元素を利用し、製品集成の過程が製品組み立ての過程になる。コスト、複雑性と業務リスクが大幅に減らせた。ロボとが完成できないと思われてた沢山の任務が完成できるようになった。それに、沢山のコストと所有権の危険も取り除いた。


プロジェクトの背景 


目前ロスロボット会社は規模2.0のロボットプラットフォームの開発を完成しているところで、当該プラットフォームは原子能工業に使われ、それに石油と天然ガス及び集約的な農業に使われる。

2009年の年初、当該会社はRPWORLDに協力を求めにいらっしゃってきた。製品開発を依頼された。製品の特長は構造が複雑で、リアル性と純色を求められたこと。材料に特定の機械性がある。最初の元型生産の部品が製品として使われ、各ロットは数十セットで、絶えずな市場要求により何回も修正できる設計にすると要求された。


チャレンジ


1.どうやって一番相応しい生産プロセスを選んで、お客さんのニーズに合わせる? 

2.各部品の緊密なアセンブリをどうやって達成させる? 

3.どうやって製品を単色で、良い表面効果と望まれてる器械性能に達成させる? 

4.どうやって製品の高品質と出来る早いランチを確保する?


RPWORLDの解決案


1.プロセスの選択:


伝統的なロット生産のコストは10万ドル以上で、ほとんどの部品は改めて設計しないといけなく、製品構造の制限で、CNC加工は相応しい選択ではない為に、SLAをポリ売れアン及びCNC研磨と結合させた。その他、当該プロセスは小ロットの要求に適合してない。



2.アセンブリの調整:


製品の取り付け具と測定ゲージで公差と最終のアセンブリを確保させる。ポリウレタンの鋳造後、一部分の部品に明らかな変形と収縮が出た。それで、部品のアセンブリに不良になった。お客さんにとっては緊密の部品が欲しい。私達はお客さんと十分に合作し、改善化の設計とプレーアセンブリのテストを提供し、完璧なアセンブリに達成させる。


3.材料の選択:


材料はある程度の強度と柔軟性が必要で、ABS性能があるポリウレタンを選んだ。 


4.色の調整:


全部の色はパントーン色のコードにより調整された単色である。

お客さんの利益


● RPWORLDの連合的な製造解決案を利用し、生産時間が50%減になった。二週間のうちに25台を納入した。
● 伝統的なCNC旋盤と比べ、生産コストは80%が節約できた。
● 長期的な製品開発パートナーになった。
● お客さんは安定な元型テストを楽しみしながら、大量な研究開発時間とコストを節約した。
● 生産、後処理、プレーアセンブリは前部RPWORLD一社より提供され、プロジェクトのリスクを大幅に減少された。
● 緊密な交流と専門的な協力で高品質の製品の上場計画を確保した。


追加ノート  


私達はSIEMENS(ソフトウェアをサポートしていた)との合作で当該プロジェクトを完成させた。RPWORLDはハードウェア(殻と他の部品)を提供してた。  

評価


我々は2009年からRPWORLDと合作してきた。その続けは両社が技術と組織からお互いの運営を理解しあえること意味してます。だから、納期、品質と結果に意外なことはあまりできなかった。ペースが非常に合ってます。プロジェクトの展開が非常に早く、不可能と思われるチャレンジは少なかった。一つの小型な創新科技会社にとってはとても大事なことです。ここまでの9年間に、RPWORLDは発展と変化で、市場の必要に応じて規模的な生産(例えば、工具製造とプラスチック射出)ができるようになった。未来の発展を企画する時、これは非常に大事な要素です。

フィリプ ノーマン
共同創立者
ロスロボット 



タグ:製造サービス   CNC機械加工   射出成形   ウレタン鋳造    自動車部品